軟太郎とは/ミウラの軟水器

HOME > ミウラの軟水器 > 軟太郎とは

軟太郎とは

軟太郎は水道水をミウラの軟水に変えます

原理は、水がイオン交換樹脂を通ることで、イオン交換により硬度成分を吸着。
イオン交換樹脂は、イオンリフレッシャー®(特殊塩)によって再生します。
このため、軟水器のご使用には、ミウラが独自に開発した
イオンリフレッシャー®を定期的に投入していただく必要があります。

about02.gif

軟水とは?

軟水の国日本

軟水の国といわれる日本の水道水にも硬度成分は含まれています。
地域差はありますが、日本の水道の平均硬度は約60mg/L。欧米の多くが硬度200~400mg/Lといわれているため、
一般的に日本の水は軟水だと思われています。しかし日本の水にも硬度成分は含まれているのです。
ミウラの研究によると硬度20mg/Lでもさまざまな水による問題が起こることがわかっています。
快適な毎日のために、硬度成分が限りなくゼロに近いウルトラピュアソフトウォーターを選びたいものです。
[三浦工業(株)調べ]

about04.gif

about05.gif

一日の使用水量の約99%は、洗濯やお風呂などで使われる生活用水です。
1%の飲料水も大切ですが、99%の生活用水をウルトラピュアソフトウォーターに変えれば、
毎日が快適なくらしに変わります。

about06.jpg

このページのトップへ