軟太郎の特徴/ミウラの軟水器

HOME > ミウラの軟水器 > 軟太郎の特徴

軟太郎の特徴

feauture01.gif

feauture02.gif

石けんカスは、黒カビの増殖の原因のひとつとして考えられています。そのため、石けんカスがほとんどできないミウラの軟水を浴室で使っていると、カビ汚れを抑えられることが、実験的に証明されています。ミウラの軟水なら、浴室をクリーンな状態に保てる上に、お掃除の手間も省けます。

feauture03.gif

ミウラの軟水には硬度成分がほとんど含まれていないので、石けんカスもできず、浴槽の中に湯あかがほとんど残りません。もちろん洗面器にも湯あかがつかないので、お風呂掃除はミウラの軟水のシャワーをかけながらスポンジで軽くこするだけでOK。簡単なお手入れでいつも清潔にお使いいただけます。

feauture04.gif

硬度成分をほとんど含まないミウラの軟水で入浴を続けると、うるおい、ハリ、キメ、全てがアップしていることがわかりました。ミウラの軟水風呂から上がった後はしっとりスベスベ、お肌にうれしい変化が現れます。

feauture05.gif

髪のゴワゴワやキシキシの原因にもなる硬度成分。この硬度成分をほとんど含まないミウラの軟水で洗うと、髪はつや感がアップし、摩擦の少ないなめらかな洗い上がりになります。

feauture06.gif

水道水には硬度成分が多く含まれているので、洗剤を使ってお洗濯をすると、どうしても石けんカスができてしまいます。この石けんカスは、洗濯ものの黄ばみやゴワゴワの原因の一つです。ミウラの軟水なら石けんカスがほとんどできず、泡立ちもよくなり汚れ落ちもよくなります。洗剤の使用量も少なくて済むので経済的。仕上がりもふんわり柔らかです。

feauture07.gif

洗濯槽の裏側って、どうなっているかご存知ですか?何年も使っていると汚れでびっしり、なんていうことも。でもお洗濯にミウラの軟水を使っていれば、カビや細菌も繁殖しにくく、洗濯槽に汚れがたまりにくくなります。

feauture08.gif

ソースにカレー、ジュースや牛乳、たまごにご飯...、食品の汚れはじつにさまざま。食器についたこのような汚れも、ミウラの軟水につけて置くだけでずいぶんと落ちやすくなります。これは、ミウラの軟水が汚れと食器を結びつける力を弱める働きをするためです。ミウラの軟水なら洗剤の泡立ちも良いので、洗剤の使用量も減らせます。つけ置き後、ミウラの軟水で食器洗い乾燥機にかけてもその効果はてきめん。水道水に比べ、洗浄力がぐんとアップします。またミウラの軟水に変えると硬度成分自体がほとんどないので、透明なガラス食器に水滴あとがつきにくくスッキリ洗いあがります。

feauture09.gif

ミウラの軟水を使っていると、気になるシンクや蛇口の汚れ・くすみも少なくなり、キッチンが簡単なお掃除でとってもキレイに。排水口の汚れも少なくなり、頻繁に詰まることもありません。

feauture10.gif

やかんやポットを長く使っていると、内側に白いガリガリ汚れがつくことがあります。これは水の中の硬度成分が、熱によって固まり付着したものです。

feauture11.gif

エコキュートなどの給湯器や食洗機、加湿器など温水を使う機器でも、固まった硬度成分が故障の原因となることが。硬度成分を取り除いたミウラの軟水に変えれば、温水機器が快適に使えます。

feauture12.gif

水虫のかゆみやジュクジュクに悩まされた経験、ありませんか?ミウラの軟水はこんな嫌な水虫の予防にも効果的。石けんとミウラの軟水を組み合わせて洗うと、水虫菌を効果的に洗い流すことができ、水虫菌の角質侵入の予防につながります。

このページのトップへ